ブログ

8222be59cacba3ad4f9a88b5cfafff04_s
現在、企業が選ぶことのできる退職金の種類は非常にバラエティー豊かです。 これまで退職時に一時払いで退職金を給付する、昔ながらの退職金制度を利用していた企業でも、今後は新たな制度に変更したいと考えていることも多いでしょう。
4a9c2752411dc739f096476fc6a15e6c_m
これから退職金制度を導入しようという会社は、確定拠出年金を検討していることも多いでしょう。 今の退職金制度を変更したい企業もあるはずです。 確定拠出年金を導入するときには、労使協定なども必要になるので、手続きの流れを把握
52285decf2419cb6694eff14b6c08fce_s
企業が従業員の退職金を準備する際に養老保険を利用することがあります。   企業が利用できる養老保険には4種類があり、中でも退職金積立に向いているのは福利厚生プランです。 では福利厚生プランとは、どのような
fa669486b539b81e525c95a32d269e06_m
中小企業が退職金制度をもうけていると、会社の資金繰りを圧迫する可能性があります。従業員のものも経営者のものでも同じことです。 退職金が資金繰りに悪影響を与えないためには、どのような工夫をすることができるのでしょうか? 今
7fc373bfc523b236c4762dab82cde333_m
中小企業でも退職金制度を設けている企業はたくさんありますが、無理な退職金制度を作っていると、企業が赤字化したり倒産したりするおそれがあります。 退職金倒産はどうして起こるのでしょうか? また、赤字を防いで健全に経営を続けるた
佐伯社会保険労務士事務所
企業が退職金制度を導入するとき、どのような制度設計にするかが重要な問題となります。 近年、導入されることが多いのが確定拠出年金ですが、従来の退職金制度とはどういった違いがあるのでしょうか? 今回は、退職金と確定拠出年金の
佐伯社会保険労務士事務所
日本では、平均して7割以上の多くの中小企業が退職金制度を定めています。 退職金制度を作ると、従業員が退職する際に退職金を支給しなければなりませんが、具体的には、従業員一人あたりいくらくらいの金額を支給することになるのでしょうか
佐伯社会保険労務士事務所
企業が退職金規程を定めている場合、規定の内容にしたがって従業員に退職金を支給する必要があります。 ただ、従業員が懲戒解雇処分になったケースなどには、退職金を全額支給することが相当でないケースがあります。 このような場合、
佐伯社会保険労務士事務所
企業を経営している場合、自分の退職後の生活のことを考えておく必要があります。 役員や経営者であっても、退職金を受けとらないといけません。  そのためには、支給すべき退職金を日々積み立てておかなければなりませんが、経営者や
佐伯社会保険労務士事務所
日本では、多くの企業が退職金制度を定めているので、中小企業でも退職金規程があるところが多いでしょう。 これから退職金制度を導入したい企業もあるでしょうし、退職金制度を変更したいと考えている企業もあるはずです。 実は、企業
0i9a118615030144yotaka_tp_v-copy
多くの会社では、役員が退職する際に退職金を支給しています。 退職金を支給すると会社から財産が減ることになりますが、このとき支給分を損金算入することができます。 ただし、全額算入できるわけではなく、限度額がありますし、損金
cd4f7c3cbc739d61b5fa2fec81438296_m
会社が退職金規程を設けている場合、基本的にその退職金規程に従って従業員に退職金を支給する必要があります。 しかし、従業員が懲戒解雇されたり、競業他社に就職したりする場合にまで退職金を全額支給すべきと言うのは、企業にとって不利益
d1108d42a5de047bf71563aeeab7f239_m
企業が退職金を支給する場合、退職金会計を行う必要があります。 このとき、退職給付引当金が問題となりますが、これは、必要になる企業とそうでない企業があります。 また、退職給付引当金の計算方法なども知っておくと役立ちます。
018434aa464621668920a7ea591e5d13_m
企業の経営状況が悪化してしまった場合などには、早期退職優遇制度を導入することがあります。 これによって効果的に人員削減を行いコストカットができる効果がありますが、早期退職優遇制度を導入する場合、いろいろな法的トラブルが起こる可
fd8e67679704e9b0ed2f3bda57c37688_m
退職金は、従業員だけのものではありません。 経営者であっても、引退後の生活を考える必要があり、自分の退職金を積み立てる必要性があります。 また、経営者の場合、途中で死亡した場合のリスクなども考えておく必要がありますし、従
無料出張相談受付中