確定給付企業年金が向いている企業と導入の流れを解説

8222be59cacba3ad4f9a88b5cfafff04_s

現在、企業が選ぶことのできる退職金の種類は非常にバラエティー豊かです。

これまで退職時に一時払いで退職金を給付する、昔ながらの退職金制度を利用していた企業でも、今後は新たな制度に変更したいと考えていることも多いでしょう。

特に大企業におすすめの制度が確定給付企業年金です。

中小企業でも、相応に体力のある会社なら十分に導入可能です。

そこで今回は、確定給付企業年金が向いている企業と導入の方法について解説します。

 

1.確定給付企業年金とは?

eb9dccc9fc2a8f034bcc44fcb8b15501_s

企業が従業員の退職金制度として導入することの多い「確定給付型企業年金」とは、どのような制度なのでしょうか?

これは、将来受けとる年金の金額がはじめから確定しているタイプの年金です。

会社が掛け金の拠出と運営、管理と支給まで、すべての責任を負うので、企業の責任は比較的重くなります。

給付額が確定するので、受けとる従業員にとっては非常に安定していて信頼できる退職金制度です。

企業が支出する年金の掛け金を損金算入することができるので節税につながりますし、運用収益も非課税です。

年金を一時金として受けとるときには退職所得として、税金が大きく控除されて、税制上有利になります。

 

2.確定給付企業年金の2種類

確定給付型企業年金には規約型と基金型がありますが、これらはそれぞれどのようなタイプの年金なのか、見てみましょう。

 

(1)規約型

規約型の確定給付企業年金は、生命保険会社や信託銀行などを利用するタイプです。

企業はこれらの外部機関と企業年金を運用委託する契約を締結し、毎月の掛け金を支払って運用してもらいます。

従業員の退職時には、従業員は企業に対して年金の支給を申請します。

すると、企業が契約している金融機関などに連絡をして、生命保険会社などから退職した従業員に年金が支払われる仕組みになっています。

こちらのタイプの企業年金の場合、中小企業でも比較的導入しやすくなっています。

 

(2)基金型

基金型の確定給付企業年金は、企業自身が基金を設立して掛け金の運用管理をさせるタイプの企業年金です

基金を設立しないといけないので、利用できるのはある程度大きな企業に限られており、原則として300人以上の従業員が在籍している企業である必要があります。

基金型の確定給付企業年金では、企業が基金に対して掛け金の支払をして、基金が掛け金を運用管理します。

そして、従業員の退職時には、従業員は基金に対して年金の支給申請をして、基金から従業員に対して年金の支給が行われます。

中小企業よりは大企業向きの制度です。

 

3.確定給付企業年金が向いている企業

6314bacdd6834f8c244b9219e6bc43ec_s

(1)安定的に積立をしたい企業

確定給付型企業年金を利用すると、必ず積立をしないといけませんし、支払った掛け金は金融機関や基金でしっかり管理されます。

企業の業績が悪いからと言っても取り崩しができないので、確実に年金原資の積立ができます。

そこで、退職金原資を確実に安定的に積み立てしたい企業にはおすすめです。

 

(2)福利厚生を充実させたい企業

確定給付企業年金は、数ある退職金制度や年金制度の中でも特に従業員にとってメリットの大きい制度です。

受けとる金額が決まっているので運用の失敗によるリスクがありませんし、運用の手間も省けます。

一時金で受けとるか年金で受けとるか、ミックスするかも選べるので、定年後のライフスタイルに合ったものを選択出来ます。

福利厚生を充実させたい企業におすすめです。

 

(3)ある程度体力がある企業

確定給付企業年金は、企業に対する負担が思い年金です。

制度を導入したら、毎年年金財政を検証して、厚生労働大臣に提出しないといけませんし、積立基準に抵触したら追加拠出も必要です。

そこで、ある程度体力のある企業でないと導入が難しいです。

 

4.確定給付企業年金導入の流れ

確定給付企業年金を導入するときの流れを説明します。

退職金制度として導入するなら、まずは労働組合と協議をして、同意を得る必要があります。

規約型にするのか基金型にするのかを決めて、運営会社の選択もしなければなりません。

そして、協定ができたら企業型年金規約を作成して、厚生労働省による承認を受ける必要があります。

合意ができたら、規約型の場合であれば、委託先の金融機関や生命保険会社と年金についての契約を締結します。

基金型の場合には、基金を設立する必要があります。

これまでの退職金規程から変更をするのであれば、不利益変更にならないように経過措置を設ける工夫なども必要になります。

実際に運用を始める前に、従業員説明会を開催することも必要です。

説明会では、退職金制度が変わること、どのように変わるのか、受取額はどうなるのかなどを理解させましょう。

これらの手続きが終わったら、実際に制度の運用を開始します。

 

まとめ

以上のように、確定給付企業年金は従業員の福利厚生を充実させて良い人材を集めたり従業員のモチベーションを高めたりするのに効果的です。

今回の記事内容を参考にして、上手に制度を導入利用しましょう。

無料出張相談受付中