ブログ

b434e3a3600a373de9f5dfd6b9ea443a_m
会社経営者や役員には、従業員のような退職金制度がないので、自分の退職金は自分で準備する必要があります。 この時利用できるものに小規模企業共済制度がありますが、これはどのような制度なのでしょうか?よく聞く中退共(中小企業退職金共
3d6851800b413a6bb1f59072609f2fc8_m
会社を退職する際には、退職金が支給されることが一般的です。 退職金の受け取り方には、一時金方式と年金方式があり、一時金方式の受け取り方を退職一時金と言いますが、退職一時金を受け取る場合、分割払いの企業年金のケースと比べて、どの
e97903e6b422b0454d5a5e25e534ae5a_m
会社で退職金規程を作成したら、それを変更することは簡単ではありません。 特に、従業員にとって不利益に変更することは基本的には認められません。 しかし、企業経営や時代環境の変化などにより、企業が退職金規程を守ることが困難に
佐伯社会保険労務士事務所
企業において退職金制度を設けている場合、従業員への退職金の支払いが必要になります。 退職金の金額は、従業員の勤続年数が長くなればなるほど高額になりますが、これらの予定された支払は、企業にとって負債になります。 退職金支払
6314bacdd6834f8c244b9219e6bc43ec_m
会社を退職したら、企業年金を受け取ることができるケースがあります。 年金には公的年金や個人年金などもありますが、これらの年金と企業年金は何が異なるのでしょうか?   また、企業年金は退職年金とも呼ばれ、退職金受け
佐伯社会保険労務士事務所
会社を経営している場合、従業員の退職金制度を作ることも多いですが、役員については従業員用の退職金規程とは別に、別途役員の退職慰労金についての規定を策定することが普通です。 役員の退職慰労金規定を作る場合、どのような退職金の計算
佐伯社会保険労務士事務所
中小企業でも退職金制度を導入している企業はたくさんありますが、これから退職金制度を導入しようとしている企業もあれば、制度の変更を考えている企業もあるでしょう。 退職金制度にはいくつか種類があり、それぞれ退職金の計算方法が異なり
佐伯社会保険労務士事務所
中小企業を経営している場合、自社に退職金規程があると、従業員のモチベーションも上がりやすいなどのメリットがあるので、作成しようと考えていることも多いでしょう。 ただその場合、退職金規程にどのような内容を盛り込むべきかが問題にな
b44699c74dcbf7999fefe51df59d3d09_m
中小企業であっても退職金制度を導入している会社はたくさんあり、実際に中小企業の8割は退職金制度を持っていると言われています。 しかし、退職金制度を導入すると企業にとっても大きな負担になるので、むやみに導入すると経営が圧迫される
cc8b6b10cd2f1165f17ff3f64f9ec5ce_m
すでに会社に退職金制度がある場合でも、制度内容を変更するケースがあります。 特に近年退職金制度としてポイント制を導入する企業が増えており、従来型の退職金制度からポイント制への変更をする企業が増えています。 このように、退
佐伯社会保険労務士事務所
中小企業が退職金制度を導入する場合、その資金をどのようにして積み立てるかが問題になります。 退職金制度の積み立て方法には、経営者向きのものと従業員向きのものがあり、それぞれメリットとデメリットがあります。そこで今回は、退職金の
佐伯社会保険労務士事務所
中小企業が退職金制度を導入する場合、退職金原資の積立方法を工夫する必要があります。 積立がうまくいかずに不足が起こると、従業員にも必要な支給ができなくなるなどのリスクを抱えることになりますし、会社経営も圧迫されます。そこで今回
佐伯社会保険労務士事務所
いったん退職金規程を作っても、時代の流れや経営状況の変化などによって、それまでの退職金規定の内容が現状に合わなくなってしまうことがあります。 このような場合、退職金規程を見直したり変更したりする必要があります。しかし、退職金規
佐伯社会保険労務士事務所
中小企業でも退職金制度を導入している会社は多いですが、一口に退職金制度と言っても、いろいろなものがあります。退職金制度を導入する場合、どのような制度を選ぶのがよいのか、また従業員に対してどのように説明をするのかなど、いくつか抑えてお
佐伯社会保険労務士事務所
中小企業を経営していると、どのような退職金制度を導入するかは悩ましい問題です。この場合、中小企業退職金共済(中退共)への加入を検討することも多いですが、具体的に中退共がどのような制度なのか、理解されていないことが多いです。そこで、ど
無料出張相談受付中